【20-12】

『経済危機で流通貨幣引上げは効果的で国家がユダヤに借金』


・支配者の代表的な行為に、儀礼のための宴会というのがあるが、これは貴重な時間を浪費するものであるから、王に統括と熟慮の時間を確保するために、宴会は一切廃止する。
・王の力は、きらびやかな王位を取り囲み、自分のことしか考えず国家の問題なぞ念頭にない取り巻き連中にかしづかれ、取るに足らないことに時間を割かれるべきではない。 
・ユダヤ人が非ユダヤ人の間に作り出した経済危機では、流通貨幣の引上げほど効果のあるものはなかった。
・ユダヤ人が国内から貨幣を引き上げると巨大資本たる国家が行き詰まり、不足した資本をユダヤ人の資金に頼らざるをえなくなる。
・こうして借金を申し出る。
・借金には利息が嵩むものだから利子支払いが一般金融に重荷をかけ、ひいては国家をユダヤ人の資本に従属させることになる。
・工業の集中は生産を小さな親方たちの手から奪い資本家の手に渡したから、権力が人民と国家の手から離れることになった。
・故に、人民及び国家が活力を失うことになった。 

Comments