【20-07】

『販売、所得、相続に累進課税し所定額以上の所有権に登記』


・販売、所得、相続には、累進課税を掛ける。
・所有権を移転するときには、動産であろうと不動産であろうと、姓名を記載した印紙による納税支払の証拠がなければ、最初の所有者は移転の宣告が発覚した日からの利息を支払わねばならないようにする。
・売買物件登録は、新旧の所有者の住所・氏名を付して、毎週大蔵省地方支所に届出しなければならない。
・この姓名付き登記は所定の金額を超える場合から始め、通常の日常品売買には一定単位ごとの所定パーセンテイジの印紙税を支払えばよろしい。
Comments