【20-02】

『ユダヤは自衛に重課税せず国家の必要資金確保で課税する』


・ユダヤ人が天下を取り王国を実現した時には、我らの専制政府は、自衛のために賢明にも、人民大衆には重税でもって人民に負担をかけ過ぎないよ うにする。
・これは、ユダヤ人の政府は父親であり保護者であるという役割を忘れてはならぬからである。
・さりながら、国家組織には莫大な金がかかるのであるから、その存立に必要なだけの資金は確保する必要がある。
・故に、ユダヤ人は、格別細心の注意を払って適切な課税方式を定めなければならない。

Comments