【02-09】

『マスメディアの掌握に至るユダヤの一人の犠牲は非ユダヤの千人相当』


・近代国家は、大衆の世論を創り出す強力な力、すなわち新聞・雑誌を持っている。新聞・雑誌が果たす役割は、必要不可欠に至った国民の声を指摘し、世論を伝え、大衆に愚痴のはけ口を与え、不平不満を表明させ更には不平不満を作り出す。

・言論の自由の勝利が具体的となるのは新聞でである。

・だが、非ユダヤ人の国家は、この力を効果的な活用法を知らなかったので新聞・雑誌はユダヤ人が手中に落ち、ユダヤ人はその背後で影響力を行使し得た。

・金力がユダヤ人の手中にあることは周知のことだが、ユダヤ人が新聞を手中にする過程も又実に、血と涙の海の中でだった。

・ユダヤ人は、あまたの同胞を犠牲にしてきたが、今や十分に報いられている。

・わが方の犠牲の一人一人は、神の前では千人の非ユダヤ人に相当する。 

Comments