【02-01】

『ユダヤは侵略戦争よりも経済を基盤に置く戦争をさせ思うままに操る』


・ユダヤ人の目的に戦争は不可欠だが、できる限り、戦争が領土的な利益を出させぬよう仕向けるべきである。

・そうすれば、戦争は経済に基盤を置くようになり、この領域において各国はユダヤ人の支配の強力さを思い知る。

・また、戦争当事国は双方ともユダヤ人が国境を越えて放っているユダヤ人の代理人団(エージェント)の思うがままに操られることになる。

・どんな国境もユダヤ人のこの活動を阻止できない。

Comments