【19-03】

『反政府者は公共殉難者で自由主義が増え非ユダヤは家畜化』


・政治犯罪者が主義に殉ずるものとして尊ばれ英雄視されることをなくすためには、裁判の際には、彼らを強盗、殺人犯、その他言語同断破廉恥極まる犯罪者と同じ席に坐らせ扱う。 
・そうすると世間は、政治犯をその種の犯罪と同種の不道徳な犯罪と見做し、軽蔑の眼差しで見下げるようになる。
・非ユダヤ人が反政府活動を圧殺するのに同じ手段を用いないよう、ユダヤ人は極力努力してきたし、今後もその努力は継続したいと思う。
・新聞や演説講演、間接的には巧みに編集した歴史教科書を通じて、ユダヤ人は反政府屋を公共の福利のために殉じた殉難者として宣伝してきたのは、以上の理由からである。
・この宣伝がふくれ上って、リベラルたちが増加し、何千という非ユダヤ人を我々の家畜群に引き込んだのである。 
Comments