【19-02】

『反政府活動は騒ぐので、政府の強さや力関係を一度見せる』


・反政府活動屋は象に対してキャンキャン吠え立てる小犬以外の何ものでもない。
・組織的に活動している政府にとっては、警察の見地からではなく公共の立場から見ても、小犬が象に吠え立てるのは、象の強さや力を全く知らないからであると見做す。
・これには両者の力関係を一度だけ見せてやる以外は何もする必要はない。
・そうすれば小犬は吠え立てるのを止め、次からは象を見ると尻尾を巻いて逃げ出すであろう。 

Comments