【18-05】

『政治犯には峻厳で特別扱可能でも職権無き者は介入させぬ』


・ユダヤ人は、犯罪者とあれば根拠が十分であろうと不十分であろうと、まず逮捕する。
・万一間違えるといけないということで、政治的堕落や犯罪を犯した疑わしき者に逃亡の機会を与えるとは、とんでもないことである。
・政治犯の場合は、文字通り峻厳でなければならない。
・単純犯罪で動機の再審議を許可し、特別扱いをすることが可能な場合でも、職権を持った者の他には何びとといえども事件に介入する口実は存在しない。 
・すべての政府が真実の政治を理解するものではないのである。
Comments