【17-06】

『社会を握る政府は覗けぬ望遠鏡だがユダヤは全て理解する』


・我らが王国はインドのヴィシュヌ神になぞらえ擬人化すると、我らが百本の手の一本一本は、社会という機械のバネを握っている。
・警察というのは、ユダヤ人が非ユダヤ人のために入念に作り上げ、しかも政府は覗けない望遠鏡であるが、その警察の力を借りずともユダヤ人は何もかもが解るのである。
Comments