【17-02】

『長時間かけ信教の自由が喧伝されキリスト教は破壊される』


・ユダヤ人は過去長い時間をかけて、非ユダヤ人僧侶の信用を落とし、それによって、放っておいたらユダヤ人の大きな脅威となったやも知れぬ地上における彼らの伝道を凋落させるようにして来た。
・今や日一日と、世界の人民に対するかれらの影響力は低下しつつある。
・現今では信教の自由ということが至る所で喧伝されたので、今やキリスト教が完全に破壊されるのはここ数年のうちに過ぎなくなった。
・ほかの宗教に至っては、骨抜きにするのは更に容易であるが、今この問題を論ずるのは時期尚早であると思う。 
・ユダヤ人は聖職者重視の教権主義や聖職者たちの力を、以前かれらが華やかなりし頃に持っていたのとは比べものにならないほど狭い枠に押し込めるであろう。 

Comments