【16-06】

『思想は様々な手段で浸透し、支配を受けぬ機会を奪い利用』


・現在ならびに将来の行動計画を説明し終えたら、私は諸氏にその学説の原理をお話しする。
・一言にして言えば、何世紀にもわたる経験に鑑みて、人間は思想に生き思想に導かれるものであり、思想というのは人間成長の各段階にふさわしい教育を初め、さまざまな手段によって人間に浸透するものであるから、思想の支配を受けない最後の火花を、ユダヤ人が押収し呑込み、自分自身のものとして利用するであろう。
・この、思考力を人間から切り離すということは、過去長い時間をかけて、ユダヤ人が導入してきた極めて有益な手段である。
Comments