【15-10】

『ユダヤは力の及ぶ限りで、非ユダヤの法律を失墜させた』


・ユダヤ人の力が及ぶところでは、非ユダヤ人の法律は最小限度にしか適用しないようにしてきた。
・法の尊厳威信なるものは、その分野に流し込んだリベラルな解釈を駆使して存分に失墜させてきた。
・最重要かつ根本的な事項や問題は、ユダヤ人の口をはさんだとおりに裁判官が決定し、ユダヤ人が非ユダヤ人の政府機関に示したことに従って事を裁定する。
・この目的はごく簡単に達せられた。
・もちろん、ユダヤ人が直接彼らと接触するのではなく、ユダヤ人の道具である人士の仲介により、あるいは新聞などを利用した。
・上院議員(貴族院議員)や内閣、高級官僚の中にもユダヤ人の助言を一も二もなく聞く者がいる。
・非ユダヤ人の空っぽ頭には、事象を分析したり考察したりする能力、ましてや事態がどういう結果になるかを予測する能力はさらさらない。

Comments