【15-09】

『ユダヤやユダヤの代理人たちには鉄の規律で恭順させる』


・何人も避けられない終局は死である。
・どうせ避けられないものならば、新秩序の建設者であるユダヤ人よりも、建設の邪魔をする人間に早く回してやった方がよろしい。
・ユダヤ人は、同胞のほかには誰も気付かないように、本人自身でさえも死刑宣告されたことが判らないように巧みにフリーメーソンを処刑する。
・必要とあれば全員あたかも自然死のごとく息を引き取るのである。
・ユダヤ人の同胞は、そのことが解っていても、あえて抗議はしない。
・このような方法を用いて、ユダヤ人はフリーメーソンの中から作戦計画に敵対する者を根こそぎにしてきたのである。
・ユダヤ人は非ユダヤ人にはリベラリズムを説くが、同時に一方では、ユダヤ人やユダヤ人の代理人たちにはひたすら鉄の規律でもって恭順に服させる。

Comments