【15-03】

『ユダヤ政府支配を揺がせぬ為に官僚権力の権威を高める』


・ヨーロッパをユダヤ人の政治の中心にする。
・ユダヤ人の政府の発布した法令は絶対的で、これの変更はできず、これに対する控訴も嘆願も許さない。 
・非ユダヤ人の社会には、根深く対立抗争の種を植え込んでおいたので、秩序を回復するには強権的に容赦ない手段を執るよりほかはない。
・将来の至福の為に、どれだけ多数の犠牲者を出そうとも一顧だに与えてはならない。
・真に己の政府の存続を忠実に考え、特権維持ではなく職責完遂を顧慮する政府ならば、いかなる犠牲を払ってでも例え虐殺に手を染めても、断じて遂行しなければならない義務というものがある。
・ユダヤ人の政府の支配を揺ぎないものとする原則は、権力の威光を輝かせることにある。
・つまり官僚権力の権威を高めることである。
・且つこれを揺るぎなきものにしなければならぬ。
Comments