【14-04】

『嫌悪する文学で演説等と対比奨励し、知識を摂取させる』


・いわゆる先進文明国の中に、ユダヤ人は愚劣極まる、卑猥不潔な、嫌悪感を催おす文学芸術を創らせた。
・ユダヤ人が権力の入口に立ってしばらくの間は、ユダヤ人の演説、集会プログラムと対比させつつ、その種の文学を奨励するつもりである。
・こうすると、ユダヤ人の高尚な一画とはあまりにも違うことが歴然とするだろう。
・つまり、コントラストを際立たせるために利用すれば良い。
・非ユダヤ人の指導者になるべく訓練された我らの賢人は、講演演説、事業研究計画、回想録、論説著作活動に携わるだろう。
・ユダヤ人はそれらの作品を用いて、非ユダヤ人の人心を感化し、ユダヤ人が定めてやった知識を摂取する方向に導くのである。 
Comments