【14-03】

『非ユダヤは人類の善性を理解せず社会が改善しなかった』


・同時にユダヤ人は、非ユダヤ人政府の誤ちの歴史を看過容認はしないだろう。
・非ユダヤ人政府は何世紀にもわたって、人類の真実の善性を構成する要素を何一つ理解せず、錯覚した社会改善を追い求め、その改善の結果さらに悪くなり、人間生活の基盤である一般関係が決して改善されないことに全く気付いたことがなかった。
・ユダヤ人の原理と方法の総体は、ユダヤ人が彼らに提示し解義したように、死に絶え腐敗した古い秩序の社会生活とはまばゆい対照をなす事実の中に横たわっている。
・ユダヤ人の哲学者たちは、非ユダヤ人の種々雑多な信仰の欠陥を洗いざらい論じるが、真実の視点からユダヤ人の信仰に口を挟むことは誰もやらないだろう。
・なぜなら、ユダヤ人ユダヤ人以外の誰もこの宗教のことは知らないし、ユダヤ人はその秘密を明かすような裏切りはやらないからである。

Comments