【14-02】

『嫌悪の情で大衆は自由より農奴制でよいから安穏を好む』


・ユダヤ人は最もはっきりとした口調で、非ユダヤ人政府が犯した過ちを描いてみせるであろう。
・ユダヤ人が彼らに対する嫌悪の情をそそるので、人民大衆は、かの自由を振り回す権利などよりも、農奴制のような状態でよいから安穏の方を好むようになる。
・自由の権利なるものは、人間性に拷問をかけ、まさに人間存在の根源を疲弊させ、人民大衆は自分が何をしているのか解っていない一群のこすからい山師たちの餌食となったのである。
・ユダヤ人が非ユダヤ人政権を覆すにあたっては、非ユダヤ人を煽動し幾たびか無益な政変を起こさせた。
・人民は疲れ切ってしまい、またまた新たな騒動や苦難をかぶるよりも、少々の辛抱をしてもユダヤ人の言うことを聞いている方がましだと考えるだろう。
・さもなけれは又新たな騒動に巻き込まれねばならぬのである。
・闘争や暴動の残虐さだけは真っ平と考えることになろう。 
Comments