【14-01】

『唯一世界の運命と結び付くモーゼは完璧で全人民が従う』


・ユダヤ人が支配者となり王国を築く時は、我らの唯一神宗教(ユダヤ教)以外いかなる宗教の存在も許さない。
・ユダヤ人は神に選ばれた者であり、ユダヤ人はその地位により唯一神と結びつき、そのユダヤ人の運命は神を通じて世界の運命と結び付いている。
・ゆえに、ユダヤ人は、ユダヤ人以外の あらゆる形態の宗教を一掃する。
・その結果、今日見られるような意味での無宗教時代が出現するとしても、それは過渡期の現象であって、ユダヤ人の目的の妨げにはならない。
・むしろユダヤ人が説くモーゼの教えに耳を傾ける世代の前兆として有用に役立つであろう。
・モーゼの教えは牢固として完璧入念なる教義であり、それなるが故に世界の全人民をユダヤ人に従わせてきた。そこに、モーゼの教えの隠された神秘の力があることを力説しよう。
・後にも述べるように、モーゼの教えの感化力は、すべてその神秘の力に立脚しているのである。
・次いで、あらゆる機会をとらえて、ユダヤ人の慈悲深い支配と過去のそれとを比較する論説を公表する。
・数世紀にもわたる動乱のの果てにようやく訪れた安穏静謐の有り難味で、ユダヤの支配の恩寵がいかに大きいか分かろうというものである。更なる安堵へと高まるのである。
Comments