【13-04】

『物質以外進歩はなく幾世紀にも渡る計画と誰が疑うか?』


・非ユダヤ人の中には、物質的発明の問題ではない所で進歩を追い求めたところで真理からは遠ざかるばかりだということが判る人間はいないのである。
・なぜなら、真理は一つであり、神の選民であるユダヤ人にしか認めないものである。
・そこには進歩が入り込む余地はないのである。
・進歩、それは誤った推論に基く思想のようなものであり、神の選民であり、真理の保管人であるユダヤ人の外には何びとも知らない真理を覆い隠すのに役立っている。
・ユダヤ人の王国が実現した暁には、ユダヤ人の弁士たちは、人類をすったもんださせてきた。この大問題を解義して、ユダヤ人の慈悲深い支配の下で結着を付けさせるだろう。 
・その時になって、これらの人々は一人残らず、幾世紀にもわたり何びとも推測もしなかった政治計画に従って、ユダヤ人に踊らされていたのだということを、一体誰が疑うだろうか。 
Comments