【12-16】

『支配する迄代理人が組織し地方意見で首府を窒息させる』


・ユダヤ人の計画は特に地方に及ぶ。
・いかなる瞬間にも首府にいる者に対する野心と反対気分を醸成せねばならぬ。
・ユダヤ人は政府に向って、これが地方独自の主張であり要望であると焚き付ける。
・当然のことであるが、地方世論の情報源というのは、ユダヤ人が鼓吹し指示しているものである。 
・必要なことは、ユダヤ人が十二分に支配力を得るまでは、ユダヤ人の代理人団が組織した多数者、すなわち地方の意見で首府を窒息させておくべきである。
・必要なことは、決定的瞬間には首府は既成事実をとやかく言える立場にはない、争うことは出来ないようにしておく。
・それは単純な理由であって、各地方の大多数の世論が受け入れ承認しているからである。

Comments