【12-13】

『トリックでの大衆の感情操作は与える印象により異なる』


・しかし、これらの方法は必要な場合以外には用いない。新聞のユダヤ人に対する攻撃は、新聞がまだ言論の自由を失っていないという印象を大衆に与えるのに役立つ。

・それは又我らが代理人が、反対者たちは意味のない反対論ぶっている、実のある反対意見をこれっぱかりも示していない、政府政策を批判する本当の根拠が示されていないではないか、ユダヤ人に反対する機関はみな空騒ぎしているだけではないか、と説きまわる機会を与える。

・このトリック方法は、大衆の目に感知されないようにして大衆の政府信頼を増させるのに最高の方法である。

・この方法のおかげで、ユダヤ人は大衆がどう受け取るかによって、必要に応じて時折、政治問題に対する感情を刺激したり鎮静したり、説得したり混乱させたりすることが可能になる。 

・ユダヤ人は、ある時は真実、ある時は虚偽を振りまき、ある時は事実に即して立論し、ある時はの反論を掲げたりする。

・それは大衆にどんな印象を与えようとするのかによって異なり、その為に常にユダヤ人が足を踏み出す前に地面の様子を細心の注意をもって調べねばならない。

Comments