【12-12】

『文筆者は政府機関紙と論戦し政策の補足材料を提供する』


・以上の意味で、我らが新聞軍団の指導にあたっては、格別細心の注意を払ってこの問題を組織しなければならない。

・中央新聞局という名称のもとに、ユダヤ人は文筆者の会合を設け、そこにユダヤ人の覆面の代理人を送り込み、指令と当日の標語を示す。

・問題の核心を避けて常に表面だけにとどめた議論討論をして、見せ掛けの政府政策批判や反対論を唱えさせ、決して核心に迫らせない。

・彼らは、政府機関紙とも公然と華々しい論戦をしたりするが、ユダヤ人が見せかけの一斉射撃を浴びせることで、政府政策のプロパガンダを補足する材料を提供するようになり、政府機関紙が第一報で意を尽くせなかったことを、詳しく補足して報道することになる。 


Comments