【12-09】

『文筆での抵抗は業者が官憲の許可を得る為出版阻止する』


・課税圧力で思想的作家は尻込みし始め、処罰が恐くて文筆家はユダヤ人の軍門に降る。
・それにも拘らずユダヤ人に文筆で抵抗する者が現われたとしても、著作物の印刷を引き受け手がいない。
・出版社が印刷してくれる前に、出版業者や印刷業者が官憲の許可を得なければならない為である。
・これによって、ユダヤ人はユダヤ人に対して向けられた奸計をすべて事前に知ることができるので、それが世に現われないうちに先手を売って反駁する。出版阻止することもできる。
Comments