【12-06】

『ジャーナリズムは全許可制で免許義務づけ過失で取消す』


・話を新聞の将来に戻そう。
・何人も新聞、雑誌、書籍といったいわゆるジャーナリズムはすべて許可制にし、出版社、書店、司書、印刷業を営もうとする者は、その資格免許証を取得せねばならないことを義務づける。
・その免許証は何か過失があれば即刻取り消しとなるようにする。
・こうしておくと、ジャーナリズムがいろんな思想を発表したとしても、我らの政府の意向に添ったものとならざるを得ず、そういう意味で政府による教育手段の一種となるのである。
・よって、人民が埒もない進歩の白昼夢に憧れることもなくなる。
Comments