【11-05】

『平和の敵を打ち反対派を黙らせたら直ちに全自由を返す』


・非ユダヤ人は羊の群であり、ユダヤ人は狼である。
・狼が羊の群に入ったらどういうことが起こるか、御存知であろう。
・羊はただ目を閉じてしまう。大衆も同然である。
・我々の羊が目を閉じるのは、別の理由もある。
・ユダヤ人が平和の敵を打ち破り、あらゆる反対党派を黙らせたならば直ちにあらゆる自由を返してやると約束するからである。
・非ユダヤ人の手に自由が戻るまでどのくらいの時間を待ち続けなければならないか、お話しする必要はあるまい。
・では、何故にユダヤ人はこのような政策そのものを立案し、事の真相を看破する時を与えず非ユダヤ人の心に吹きつけるのか?
・実際のところ、回り道をしなかったとしたら、四散したユダヤ人の種族が直接目的を達成する方法には何があったのか? 
Comments