【11-02】

『新憲法は立法府大統領令上院命令評議会決議と暴力政変』 


・時に、ユダヤ人が用意している新憲法発布に至るまでの要項は次の如きものである。
・ユダヤ人は、法、権利、正義を確立する。
・第一期段階は、立法府に働き掛ける。
・第二段階は、一般法令と見せかけた大統領令、上院の命令、ならびに内閣の命令であるかの如く装おった国家評議会の決議で処理する。
・第三段階は、格好の時到らば暴力政変(クーデター、革命)という形に訴える。 
・クーデターのときこそ、ユダヤ人の望む憲法を一挙に成立させる唯一の機会である。
・ユダヤ人はクーデターで民衆が胆をつぶし、頭が混乱しているうちに統一性のある新憲法を彼らに強制しなければならない。
Comments