【10-18】

『全憲法廃止迄大統領は法廃止、臨時新法の提案権を持つ』


・大統領は、幾通りにも解釈できる法律の意味を、ユダヤ人の意図する通りに解釈するであろう。
・大統領はさらに進んで、ユダヤ人が廃止の必要を指示すれば、法律を廃止することもやるだろう。
・その他に、大統領は新たなる臨時法を提案する権限を持つようにさせる。
・また、国利国益のためにはこれが必要だと言いつくろって、憲法の枠から逸脱した新しい法案すら提案する権限を持つようにさせる。
・かような手を打っておくと、かってユダヤ人の意思に反してやむを得ず国法の中に入れてしまったさまざまのものを、少しづつ一歩一歩と破壊してゆけるのである。
・我らの独裁政権があらゆる政体の政府を束ねる日を到来させた際には一切の憲法を廃止する。
・それまでの過渡的方法として一歩一歩進める。 
Comments