【10-17】

『大統領は上下院任命と数ヵ月で解散と議員任命延期可能』


・大統領は、上下両院の議長・副議長の任命が杖となる。
・通常の議会の会期とは異なって、会期を一年のうち数ヵ月に縮める。
・その上、行政の長である大統領に、議会召集解散の権限を持たせる。
・特に、解散した場合は、新議員任命を延期できるものとする。
・しかし、ユダヤ人の計画がまだ熟成していなくて、実際には非合法の状態でこれら一連のことを全部実行した責任を大統領に全責任を負わせないために、大統領周辺の大臣や高官を説き伏せて、彼らが自分たちの裁量でやったことであり、彼らを身代りにして責任を取らせることで、大統領の責任を回避させる。
・この件に関しては、ユダヤ人は極力上院、最高行政裁判所、閣僚会議というような機関にやらせて特定の個人に責任を被せないようにする。 

Comments