【10-14】

『過去傷を持つ者を選び、ユダヤに都合良い代理人とする』


・ユダヤ人の計画が然るべき成果を挙げるためには、大統領選挙に仕掛けをして、パナマ汚職事件その他のような、過去の身上に脛に古傷を持つ候補を選んで選挙に臨む。
・そして当選させる。
・すると、そういう連中は旧悪を暴露される怖さと権力を得た者の常で、すなわち、大統領の地位に付きものの特権と名譽を失うまいとして、ユダヤ人の計画達成のに都合の良い代理人となるのである。
Comments