【10-11】

『分割機関は人同様で自由主義の政体変化でどの国も瀕死』


・分割された機関は人体の臓器に似た働きをするようになっている。
・もしも国家機構の一部を損傷すれば、国家は病気にかかり、死ぬこともまた同様である。 
・ユダヤ人は、国家機関にリベラリズムの毒液を注ぎ込んだ故に、政体が複合変化を来たし、今ではどの国家も敗血症的不治の病い(死に至る病)に冒され、あとは悶絶死という終焉を待つばかりとなっている。
・ユダヤ人はただ非ユダヤ人国家の断末魔の日が来るのを待てばよい。

Comments