【10-10】

『似た機関が機能・職権を担い複数分れ全体で政府を果す』


・各国には名前は似たり寄ったりの別名の内実は同じものが存在する。
・議会、内閣、立法府、評議会(枢密院)、司法府、行政府などである。
・諸兄が熟知するところのものであるが、こういった機関の機能を説明することに意味は無い。
・その役目にこそ注意を払うべきである。
・つまり、ここに名を挙げた機関はそれぞれに国家の中である重要な役割を担っており、"重要な"という意味は、機関そのもののことを指しているのではなく、その機能・職権のことを言っているのである。
・これらの機関はいくつもの部分に分れていて、その全体で政府という機能即ち行政、立法、司法を果たしている。
Comments