【10-09】

『計画は一人で仕上げ討議せず強力に仕組み、経済で導く』


・政府の計画というものは、一人の頭脳で万端出来上っているべきでありかく施行されねばならない。なぜならば、多数の頭で部分部分をばらばらに作らせると、そのチグハグさ故に実行不能になるであろうから。

・それゆえ、ユダヤ人は行動計画を知っているのは良いが、その巧妙さ、各部分の緊密な連関性、各要点の隠れた意味を破壊しない為に、討議してはならない。

・政府の計画を数次にわたって討論し修正を加えることは、邪推と誤解の烙印を押すことになり諸計画の進行や連携の結びつきを妨げる。

・ユダヤ人は計画が強力に適切に仕組まれることを欲する。

・故に、ユダヤ人はユダヤ人の首領の指導の賜物を、大衆やあるいは特別な団体にすら毒牙にかけさせてはならない。 

・これらの計画は今しばらくは現存する諸団体及び制度を転覆させない。それらの経済を変化させるだけで、それによって進歩の動きを全体的に結び付け、ユダヤ人の計画に従った道に導くのである。


Comments