【10-08】

『証言させず盲目にし生計、報酬、利益を握り服従させる』


・ユダヤ人が操る大衆は、彼らを第一線に立たせないし証言の機会すら与えてやらない。
・大衆は、従順に応待すれば見返りがあるユダヤ人の話を聞くことだけに慣らされる。
・このようにして、大衆の指導者としてユダヤ人が非ユダヤ人の頭に据えてやった代理人の指導なくしては、どんな方向へも一歩も足が踏み出せないほど総員を一大盲目力に仕上げるのである。
・人民大衆は新しい指導者たちが自分たちの生計、報酬、あらゆる種類の利益になることを握っていることが判るから、この方式に服従する。 

Comments