【10-06】

『人類に集会・妥協させ選挙では王座へ就く目的に役立つ』


・すると大衆はユダヤ人を讃え、希望と期待にふくれ上がり全員こぞって手を差しのべ、ユダヤ人を激励し、讃える。人類の一番小さな成員グループにもグループごとに集会を催させ、妥協・合議の習慣を作らしめ、同意を取り付けてきた普通選挙という、ユダヤ人が揃えてきた道具立てを使って、ユダヤ人は世界王の座に就く。
・このような選挙が、ユダヤ人の目的に役立ち、最終的にはユダヤ人に有罪宣告を下す前に、全員一致でユダヤ人ともっと親しくなりたいと望むようになる。
Comments