【01-07】

『ユダヤ権力は不可視の中、選ばぬ手段によって平常化する計画がある』


・あらゆる形態の政治権力が動揺している現在、ユダヤ人の権力は、他のどんな権力にも増して不可視だろう。

・ユダヤ人の権力が敵のどんな悪知恵を用いても、これを覆えさせられない強さに到達する瞬間まで、ユダヤ人の権力は表面には出さない。

・ユダヤ人が目下用いざるを得ない一時的な悪策から、確固たる善政が顕現する。

・この善政は、自由思想によって形無しにされた国民生活の仕組みを平常の状態に修復するだろう。

・結果は手段を正当化するので、目的が善ければ手段は選ばない。

・ユダヤ人の計画では、必要と有効なこと以上には、善や道徳にはこだわらない。

・ユダヤ人の眼前には戦略的に敷かれた計画がある。

・数世紀にわたるユダヤ人の辛苦の労働が無に帰する危険を顧みるならば、この路線から逸脱することは許されない。 


Comments