【01-06】

『自由主義で脆弱となった国家はリセットしてユダヤが権利を行使する』


・ユダヤ人の正義は力の中に横たわる。「正義」なる言葉は抽象概念であり、なんら具体的なものではない。

・それは「わが欲するものを我に与えよ。我が汝らよりも強きことを証すがために」を意味するに過ぎない。 

・正義(権利)は何により始まり、どこで終るか? 権力の仕組が薄弱で法律が空疎であり、リベラリズムの乱用により権利を乱発し、支配者たちが脆弱となった国家には、新たな権利を行使できる。

・その新しい権利が既存の制度、秩序、法規の一切を粉砕し、全ての機構を再構築し、ユダヤ人はリベラリズムの中で放棄されて残されていた非ユダヤ人の権威ある権利を継ぐ王者となる。


Comments