【01-11】

『ユダヤは善へ至る手段としての力と偽善を用いることをためらわない』


・ユダヤ人の合い言葉は力と偽善である。特に力のみが政治的諸問題を克服する。

・政治家に本質的に必要な才能の中にこの力が宿されているなら尚更である。

・強権政治が根本原則でなければならない。

・ユダヤ人の後押しする政府の手先たちが強権政治を敷こうとしない場合には、欺瞞と偽計が用いられねばならない。これを鉄則とすべしである。

・この悪は終局である善に達するための手段にすぎない。

・それ故に、ユダヤ人は、目的達成のために役立つときは、贈収賄、詐欺、裏切りをためらわない。これが役立つ場合には躊躇無く用いる。

・政治の世界では、相手を屈服させ支配権を握るには、他人の財産を奪い取る方法を遠慮してはならない。 

・ユダヤ人の国家が戦争という方法によらず平和的な征服の道を進んでいる際には、大衆を盲目的に服従させる為に恐怖を用いねばならない。

・ユダヤ人は、目につかない効果のある死刑宣告をもって統治する権利がある。

・仮借ない厳しさだけが、国家の強さを見せつける最大の力である。

・単に利益を得るためのみでなくユダヤ人の義務・勝利のためにも、ユダヤ人は暴力と偽善による計画を保持し続けねばならない。

・報復主義は使われる手段と同じく、有無を言わさず強力である。

・それは手段そのものというよりも、ユダヤ人が勝利し、すべての政府をユダヤ人の超政府にひざまづかせる厳格な教義なのである。

・ユダヤ人は抵抗する者及びその精神に対して容赦なく鉄槌を浴びせ、二度と歯向かわないように十二分に思い知らせる。 


Comments