【01-10】

『野蛮な酒漬けの非ユダヤはユダヤの社交界の貴婦人に手解きを受ける』


・大衆は野蛮人であり、ことごとくの機会にその野蛮さを発揮する。

・下層民大衆が自由を手にすると途端にアナーキー(無政府状態)に転ずる。

・そのアナーキーさこそ野蛮の極みであろう。

・飲酒で馬鹿になりアルコール漬けになった非ユダヤ人たちを見よ。

・自由が非ユダヤ人に節度なき飲酒の権利をもたらしたのである。

・それはユダヤ人及びユダヤ人一族の歩む道ではない。

・非ユダヤ人達はアルコール飲料に酔いしれ、非ユダヤ人の若者たちは旧い習慣・悪い習慣と、ごく若いうちからの性的堕落に痴呆状態となって成長する。

・その性的堕落は、ユダヤ人の特別な代理人つまり富豪の邸宅の家庭教師、下男、家政婦、書記その他によって、しばしば非ユダヤ人の娯楽場にいるユダヤ人の女性たちによって手ほどきされる。

・かれら代理人の最後に、頽廃と度を越えた贅沢に他の者たちを引き込む尖兵であるいわゆる「社交界の貴婦人たち」も入れておく。 

Comments