【01-01】

『正義は力の中あり非ユダヤの統治には強権とテロリズムが最良である』

・世の中には、高尚であるよりも粗雑な考えを持つ人数が多い。
・非ユダヤ人を統治するには、学者風情の論議でなく、強権とテロリズムが最良だ。
・誰もが権力を欲し、独裁者になりたがる。
・私利私欲の為に公益を犠牲にしても顧みない人々ばかりだ。
・我益を抑え、万人の為我が身を犠牲にする者など居ない。
・社会の仕組みが始まった原始時代に、人間という名の鳥獣を抑え、非ユダヤ人を牽引したのは暴力であったと思案すべきだ。
・暴力に人々は服し、その後法律に服するようになったが、法律とて仮面を被った暴力だ。これが法則であり、「正義は力の中にある」と結論できる。 

Comments