【09-11】

『現法律では条文の多様解釈で意味を歪曲し錯綜で処理を不能にした』


・現行の法律については、条文の内容を変えることなく、単にねじ曲げて正反対の解釈をすることによって法の意味を歪曲し、結果としては大層な成果を挙げてきた。

・その成果は、第一に多様な法解釈で法の真の精神が覆われ、次いで立法の錯綜した糸のもつれにより、政府自身をして法をどう処理してよいかわからなくさせた。

・もはや法の解明が不可能になるといったほどに分かりにくいものになった。

・法律を文字に拘泥せずに解釈するという学説は、ここに起源がある。


Comments