【09-09】

『非ユダヤ制度が失われぬよう自由主義に不整脈を打たせて教育した』


・非ユダヤ人の諸制度を時期尚早に破壊しないようにするため、ユダヤ人はきわめてソフト(巧妙)に事に取り掛かった。

・そして、ユダヤ人の機械を動かしているぜんまいバネの端をつまんで細工し、これらのバネはかっては精妙にしかも秩序正しく動いていたが、ユダヤ人はそのバネを混沌放従のリベラリズムに代えることで不整脈を打つようにした。

・こうしてユダヤ人は、裁判(訴訟手続き)、選挙法、新聞紙法(マスコミ)、個人の自由問題を、ことに人間の土台である教育と訓練、それは原理的にはどうにでも加工できるものであるが、それらのバネを操った。 

Comments