【09-08】

『大衆と交流を図り行えぬなら兄弟で行い、権威で市場で政治指導する』

・盲目的な大衆の手がユダヤ人の指導の手から離れないようにするためには、時々非ユダヤ人の中に入って直接交流を図らなければならない。

・実際にユダヤ人自身が行えなければ、とにかく最も信頼の置ける兄弟を通じて行う必要がある。

・ユダヤ人だけが唯一の権威者となった時には、ユダヤ人はそれこそ市場のような所で直接呼びかけるだろう。

・また、ユダヤ人が目指す方向に非ユダヤ人を向けさせるように政治に関わる問題を指導してやるだろう。 

・田舎の学校で教えることを誰が点検するのか? 

・政府や王の特命全権公使が語ることは、直ちに全国に広まらずにはすまない。

・それは人民大衆の声によって広まるのである。

Comments