【09-07】

『非ユダヤ王が大衆連合可能性に手は打ち両者で恐怖を抱きユダヤ支持へ引張る 』


・ユダヤ人には非ユダヤ人の王たちのうちの「利口な」勢力が非ユダヤ人大衆の「盲目的な」力と連合しはしないかという懸念があったが、そのような可能性に対する打つべき手はすべて打った。

・両者の間でお互いに恐怖の念を抱かせるという防波堤を設けたのである。

・このようにしておけば、大衆の盲目勢力は相変らずユダヤ人を支持し続け、ユダヤ人のみが非ユダヤ人を指導することができ、もちろん、非ユダヤ人をユダヤ人が目指す目標へと引っ張って行くのである。

Comments