【09-05】

『世界に広がる恐怖はユダヤで拷問しても超政権受入れ迄平和を与えぬ』


・現今、世界的に広がり行く恐怖はユダヤ人が生み出している。

・それはすべてを巻き込み行く恐怖である。

・帝政復興主義者、大衆迎合煽動家、社会主義者、共産主義者、その他あらゆる種類のユートピア夢想家といったあらゆる意見、あらゆる主義の人物たちがユダヤ人の用を勤めている。

・ユダヤ人は非ユダヤ人を操り働かせている。

・非ユダヤ人の一人一人が、権威の最後の残党まで叩き潰さんがために、現在秩序を転覆させることに燃え上がっている。 

・これらの行動により、全世界の国々が拷問を受けている。

・各国政府はもう止めてくれと手すり足すり哀願し、平和のためならどんなことでも代償に出すからという気になっている。

・だが、ユダヤ人は、非ユダヤ人が心底からユダヤ人に服従し、率直にユダヤ人の国際的超政権を受け入れるまでは、平和を与えるわけには行かない。


Comments