【09-04】

『超政府は独裁し法で全支配する。残党も掌中で武器は復讐野望がある』


・実際においてユダヤ人の眼前には行動を制限する障害は存在しない。

・ユダヤ人の超政府はすでに強力絶大な言葉で現わされている超法規的な状態即ち独裁状態で存続している。

・私は衷心から申し上げるが、然るべき時に、ユダヤ人は法律を作り、裁判と宣告を行う。

・ユダヤ人は生殺与奪を実行する。

・ユダヤ人は全軍の先頭にあって、指導者の軍馬にまたがる。

・ユダヤ人の意思力で全てを支配する。

・なぜならば、かって権力を握っていた党派の残党も、今やユダヤ人に屈伏しユダヤ人の掌中にあるのである。

・ユダヤ人の手中にある武器は、貧欲なまでに容赦なき復讐であり、憎悪と敵意の深き恨みに燃えている。

・ユダヤ人には果てしなき野望がある。 

Comments