【08-02】

『政府幹部は全分野エキスパートで深層心理急所に通じ非ユダヤを熟知』


・ユダヤ人の操作する政府の要職(幹部団)には、周囲に全分野の知的人士を従え、その仕掛けのど真ん中で仕事をするようにしなければならない。

・政府の要職は、政界人、新聞記者、老練な法曹人、行政官、外交官、そして決定的に重要なことは、ユダヤ人の特別な教育機関で特別教育を受けた人士で構成されねばならない。

・これらの人士は、社会の裏街道を知り、政治の初歩から要諦までのすべての用語に通じておりこれを使いこなせる。これらの人士は、人間の深層心理と急所に通じており、かれらが操作しなければならない人間機微の体系を熟知している。

・それらの体系とは非ユダヤ人の素質、欠陥、悪習、本質、階級、身分の特徴など、考え方・感じ方の類型を意味する。

・言うまでもないことであるが、ユダヤ人の陣営の補佐役を非ユダヤ人から選んではならない。

・非ユダヤ人は何が目的かを考える苦労をせず、何が必要なことであるかを決して熟考せずにただ執務する癖に慣らされている。

・非ユダヤ人の役人たちは、書類に目を通さずに署名をしている。

・ただ報酬目当てか野望のためかで仕事をしているのである。

Comments