【05-08】

『大衆は言論と事実を混同するのでユダヤは自由主義を装い吹込み飽きる程喋る』


・いつの時代でも世間の大衆というものは、個人も同様であるが、言論と事実とを混同してきた。

・競技場で見た通りのように直に自己の感覚に現れてくるもので満足し、社会生活の中で約束されたことが実行されているかどうかを検討しようとする者は稀である。

・もっぱらショーを見るだけで満足している。

・そこでユダヤ人は、大衆の利益が進歩に向っていると声高く証明するショー団体を作るだろう。 

・ユダヤ人は、あらゆる政党に自由主義的な綱領や主張を吹き込む。

・ユダヤ人の弁士はリベラルな顔つきを装おって全政党に入り込み、聞き手が聞き飽きて辟易するようになるまで喋り立てる。


Comments