【05-06】

『国は金で動き産業を独占し世界で達成後政権は商人へ大衆は屈従する』


・すべての国家機構を動かす車輪はエンジンが駆動する。エンジンはユダヤ人の手中にある。

・国家機構のエンジンとは金である。

・我々ユダヤの学識ある長老たちが創造した政治経済学は、久しい以前から資本に君主の威光以上の威信を与えてきた。 

・資本、それが束縛なく相携えて力を発揮するには、存分に工業と商業の独占がはかられねばならぬ。

・そのことはすでに世界のあらゆる隅々で、見えざる手によって実践に移されているところである。

・この目的が達せられると、政権は商人の手に移って大衆はこれに屈従することになる。


Comments