[通知] 厚生労働大臣の定める入院患者数の基準及び医師等の員数の基準並びに入院基本料の算定方法について


厚生労働大臣の定める入院患者数の基準及び医師等の員数の基準並びに入院基本料の算定方法について
(平成18年3月23日 厚生労働省通知 保医発第0323003号)
(最終改正:平成22年5月17日 厚生労働省 事務連絡)

今般、「診療報酬の算定方法」(平成18年厚生労働省告示第92号)に基づき、「厚生労働大臣の定める入院患者数の基準及び医師等の員数の基準並びに入院基本料の算定方法を定める件」(平成18年厚生労働省告示第104号)が公布され、平成18年4月1日より適用されることとなったところであり、下記の事項に留意の上、貴管下の保険医療機関及び審査支払機関等に周知徹底を図り、その取扱いに遺漏のないよう特段の御配慮を願いたい。
なお、従前の「厚生労働大臣の定める入院患者数の基準及び医師等の員数の基準並びに入院基本料等の算定方法について」(平成16年2月27日保医発第0227005号)は、平成18年3月31日限り廃止する。