シンポジウム 

S3:

Epigenomes in evolution

エピゲノムが進化する



日時場所
2014年 8月22日(金) 9:15〜12:15 , A会場(市民会館3階)
企画者
Ichizo Kobayashi (University of Tokyo), 小林一三(東京大学) 

趣旨
The elementary units of heredity and evolution might be epigenomes in addition to genome sequences. The innovation in genomics and OMICS now made possible to test this hypothesis. We will introduce the cutting-edge technology and results in microorganisms, plants and animals.
遺伝と進化を担うのは、「ゲノム配列」とともに、その上に重ねて書かれた「エピゲノム情報」であることを示唆する現象が蓄積している。この仮説の検証が、ゲノムとOMICS研究のイノベーションによって、今や可能になった。微生物・植物・動物での、最先端の方法と成果を紹介し、「エピゲノム工学・エピゲノム育種」への応用を展望する。

予定演者
S3-1. 9:15- 9:45
"Whole Genome Assembly and Methylome Analysis of Bacteria using Single Molecule,Real-Time Sequencing"
Khai Luong (Pacific Biosciences of California, Inc.)
「一分子リアルタイムシークエンシングによるゲノム/メチローム解読」
カイ・ルオン(パシフィックバイオサイエンス)


S3-2. 9:45-10:15
"Novel DNA Methyltransferases from SMRT sequencing",
○Richard D Morgan, Yvette A Luyten, Richard J Roberts.
(New England Biolabs, 240 County Road, Ipswich, MA 01938 USA)
「新しいDNAメチル化酵素」
○リチャード・モーガン(ニューイングランドバイオラブズ)

S3-3. 10:15-10:45
" Epigenetics-driven evolution? "
Ichizo Kobayashi (Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo, Tokyo, Japan),
「エピジェネティックスに駆動される進化?」
小林一三(東京大学)

S3-4. 10:45-11:15
"Silencing and anti-silencing of transposable elements"
Tetsuji Kakutani (National Institute of Genetics)
「植物のエピジェネティクスと利己的遺伝子」
角谷徹仁(遺伝研)

S3-5. 11:15-11:45
"Genomic imprinting and mammalian evolution"
○Fumitoshi Ishino1, Tomoko Kaneko-Ishino2
(1Med Res Inst, Tokyo Med Dent Univ, 2Sch Health Sci, Tokai Univ)
「ゲノムインプリンティングと哺乳類進化」
石野史敏(医科歯科大)

S3-6. 11:45-12:15
"Epigonome evolution in primates"
Kenji Ichiyanagi (Div. Epigenomics and Development, Med. Inst. Bioreg., Kyushu Univ.)
「霊長類におけるエピゲノム進化とそのメカニズム」
一柳健司(九州大学)


シンポジウム一覧
S1 節足動物の多様性と進化への理解
S2 進化精神医学の幕開け:進化論的視点による精神疾患・発達障害の生物学的基盤の再考と理解
S3 エピゲノムが進化する
S4 適応と発生
S5 次世代シークエンサーを利用したゲノムレベルの進化解析の最前線
S6 激論、生命の起源:海か陸か?